• ホーム
  • 開催実績
  • 2月のとやま月イチ読学部「思い出のなかの教科書」を開催しました

開催実績

2020年03月02日(月)

2月のとやま月イチ読学部「思い出のなかの教科書」を開催しました

令和2年2月23日(祝、日)に2月のとやま月イチ読学部を開催しました。


 

 

開催日時  令和2年2月23日(祝、日)
14:00~16:00

 

開催場所  富山市立図書館本館 3階 セミナールーム
(TOYAMAキラリ:西町)

 

 

 

 

小・中学校の教科書に掲載されていた小説や詩のなかには、大人になった今でも、
記憶に残っている作品があるかと思います。
2月の読学部は、そんな作品や当時の思い出について語り合う特別企画です。

会場には、現在富山市の小・中学校で使用されてる教科書や10年前、20年前に
使用されていた教科書を準備しました。
また、教科書の出典元となった本なども展示し、本と教科書掲載時の違いなども紹介しました。

まずは、どのような作品があったのか、手に取って眺める参加者。
「時代によって教科書のサイズが違う」、「同じ作品でも、挿絵が違うよ」など、
互いに違いを発見しては教え合う様子も見られました。

10代から40代まで幅広い年代の参加者が集まった今回の読学部。
教科書の作品には、長年掲載され続けているものがあり、年代に関わらず、
共通して語り合える作品が多くありました。

“スイミー”や“くじらぐも”などの作品で劇をした思い出を語る人もいました。
「小学校2年の教科書の内容はよく覚えている。この年、国語の勉強を頑張っていたのかも!」
と楽しそうな笑顔も見られました。
また、学校といえば“給食”。給食のメニューは、参加者の出身地や年代によって違いがあるため、
好きだった給食の話でも盛り上がっていました。

参加された皆さんからは、「とても懐かしい気持ちになれて楽しかった」、
「いろいろな記憶が思い出されて刺激的だった」などの声が聞かれました。
記憶に残る作品は、子どもの頃に共感や感動といった強い印象を与えたものだったのかもしれません。
子どもの頃の温かい感情や記憶などが思い起された楽しいひとときを過ごせたようです。

最後は、恒例の記念撮影です。
参加された皆さんお疲れ様でした。
次回のとやま月イチ読学部は、特別企画「あなたが選ぶイチ押し本を紹介しよう!」です。
3月19日(木)19:00から、CiC3階 会議室にて開催します。
令和元年度最後の「とやま月イチ読学部」です。この1年間で、あなたが読んだ本の中から、
あなたのイチ押し本を紹介しましょう。
ぜひ、ご参加ください。多くの皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

このページのトップへ