開催実績

2020年01月31日(金)

1月のとやま月イチ読学部を開催しました

1月23日(木)に、1月のとやま月イチ読学部を開催しました。

開催日時  令和2年1月23日(木)
19:00~20:45
開催場所  CiC3階 会議室(富山市新富町1-2-3)
課題本  沼田 真佑 著
『影裏』(文春文庫)

今回の課題本は、第157回芥川賞受賞作品です。

「川辺の自然や生き生きと描かれる釣りの様子の描写が素晴らしく、情景が目に浮かぶ」
「大津波が迫ってくる描写がリアルだった」など作家の表現力に皆さん驚いていました。

「詳しい状況説明もなく、主人公の性別や性指向が次第に明らかになる。言葉で説明しなくても
主人公の感情が伝わってくる。」など、情報を出す順番やタイミングの巧みさを語る参加者もいました。

「男性同士の友情の話だと思っていた」「主人公が持っていたのは恋愛感情だったのか、
憧れの感情だったのか?」読む人により捉え方が違う作品でした。
「なるほど、そんな考え方もあるのか」「他の人の感想を聞いたうえで、もう一度読んでみたい」
という声が多く聞かれました。

また、2月14日から公開予定の映画について、「短い作品だが、どんなエピソードを盛り込むのか気になる」
「津波のシーンなど、どう表現されるのか」など、どのように映像化されるかを予想し合いました。

最後は、恒例の記念撮影です。

参加された皆さん、お疲れ様でした。
次回のとやま月イチ読学部は、特別企画「思い出のなかの教科書」です。
2月23日(日、祝日)富山市立図書館 本館(TOYAMAキラリ:西町)にて開催します。
小・中学校の教科書に掲載された小説や詩の中からいくつかの作品を会場にご用意しています。
作品を手に取って、作品や当時の思い出について語り合ってみませんか?
ぜひ、ご参加ください。多くの皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

このページのトップへ